FC2ブログ

ビル支配システム 調査・回収・買取会

情報省は、「都心のほとんどのビルをビル支配システムで監視。ビルのオーナが知らないうちに監視。駒沢は、すべての家にビル支配システムがある。加害者の建物には、監視や攻撃する装置がある。被害者の建物には、有線型と無線型の両方の装置がある。」と広報。
 応援技術者は、24時間交代で目黒で待機し、30分で駒沢に駆けつけるそうです。都心のビルから見つける方法もお知らせするそうです。
 情報省の広報を傍受し、20日の日曜に侵入して最新型を設置した建物がわかりました。オーナに記録を聞いていただき、特殊なカメラで調査し、位置をつきとめました。技術者が調査や回収する場面を撮影しましょう! 大特種になります。電動ノコで壁板や天井板を切り、取り出せます。灰色の箱の回りの配線の状態を報道すると、全国で、多くのビルから回収できるようになります。建物のオーナは、17時以降だと社員が帰り、作業がやりやすいと言ってます。集合場所は2-28-2で、応援技術者が自動車に乗り、案内します。情報省は、電子メールを検閲しているので、メールが届かないかもしれません。駒沢2-28-2を集合場所とする調査・回収・買取会にどうぞ。2-28-2の前の道路に自動車を駐車したら、応援技術者が30分後に自転車でかけつけ、案内します。技術者を派遣したら、応援技術者が詳しく説明します。そのほうが確実です。電波技術者と電気工事士と大工を派遣すると、配線を記録でき、自社ビルや他社ビルから回収しやすくなります。2009-10年型は貸出、旧式は持ち帰り自由。コードを切断して届けることはできます。むしろ配線を確認することが重要なので、Komazawa Valleyにどうぞ。支配されているか否かを早く判別する方法を実習しましょう!
集合場所 世田谷区駒沢2-28-2の工事中の白い建物の玄関かシャッター開閉式駐車場の前の道路。「調査を始めます」と大声で叫び、門扉に付けた板に記載の電話番号にも電話して下さい。駐車場のシャッターが開閉します、工事中でも番号を見ることはできます。応援技術者に電話の取次ぎサービスをする人は、日ごとに変わります。道路でアンテナを出して電波を調査をしていれば、30分後に、自転車で応援技術者が駆けつけます。
 応援技術者は、調査する技術者の応援をします。また駒沢以外の場所で見つけた悪化技術を買い、それに対抗する技術を開発したいと申し入れる企業に売却したり、研究を応援してます。報道機関にも、手持ちの回収物を見せます。
○駒沢以外の場所で回収した装置は、応援技術者に届けたら、査定し買取ます。
 駒沢以外の場所で回収した装置の買取をご希望でしたら、買取る価格は、最高が各制御装置で100万円、2009年型端末装置は50万円、2008年型以降は1台につき10万円ー1万円の間で買取ります。単なる盗聴盗撮機なら1万円。レンズを使わないカメラは5万円。電磁波兵器やレーザ兵器は7万円。広報や宣伝してない新型兵器なら10万円。それ以外の装置についての買取価格は、連絡をいただければ金額を説明します。
sinkasyakai@gmail.com
 悪化系メール・ニュースで悪化勢力が悪化毒を混入したと広報している飲食物を、渡すので、分析して論文か報告か記事を書いて提出して下さい。50ー2万円の範囲で、報酬を出します。
調査 回収 ブログ集:
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10316857728.html
サイトマップ:
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10202252682.html

テーマ : 戦争と平和 - ジャンル : ニュース

TAG : 政治 news 事件