FC2ブログ

ビル支配システム回収増加 世界で200以上回収

USA, UK, EU, Sweden, Australia, Japan, China, Korea, etc. でビル支配システムの回収が増えていて、200台を超えた。ビル支配システムが回収されると、、詐欺士が日本から騙しに出発。悪化技術を見つけると4段階の報道弾圧 詐欺→勧誘→買収→脅迫で、報道を押さえ込んできた。
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10509690409.html
 悪化勢力は、諸国で、悪化系でない政治家と報道人全部を、ビル支配システムで監視している。そこで悪化系でない政治家や報道人が職場と自宅を調査すれば、必ず見つかる。
 日本でもビル支配システムを見つけた政治家がいた。すぐに情報省は、買収交渉を申し入れたが断られた。そこで脅迫に転じた。『今までビル支配システムで記録してきた。入浴やSexの映像をインターネットで流す。つかんだ不正を流す。それが嫌なら2億円を受け取ってBoxを渡せ。沈黙しろ』などと脅迫。技術者の買収には1億円、会社ごと買収するのは10億円が相場だった。政治家を買収するには、2億円が提示されている。
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10509690409.html
 日本では、多数のビル支配システムが回収されている。ロンドンでは1台回収され、日本円で10億円に近い、7,000,000ポンドで買い取られている。そのニュースは広がり、日本では、回収すると、10億円持ってこいと請求する電話を情報省にかける社長が増えてる。
 電波マニアや通信マニアのためのメール・ニュースでは、進化系のBlogを推薦し、回収してもうける方法を書いてる。
諸国の電波・通信マニア ビル支配システムの調査・回収増加
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10511856123.html
 韓国内でも技術者が回収した。そこで情報省は、職員を派遣し、一人は騙して無料で回収し、他のは騙せないから、日本円で約1億円相当の現地通貨で買収した、他にも調査をしようとする会社を騙して調査をやめさせた。騙しに行った者達は、金沢学院大学卒と嘘をついた。誰も博士と会ったことも無い。情報省は、傀儡政権を北朝鮮に樹立したから、韓国を馬鹿にする宣伝を続けてきた。24日から、また韓国人は世界で一番馬鹿だと侮辱するキャンペーンを行うそうだ」。 
○駒沢で共同研究会。共同研究の案内が届いているので転載します。参加費無料。今も受付可。 駒沢2-28-2の白亜のシンクタンクのゲートの横のインターフォンを押し、「ゲートを開けて下さい」と言えばゲートが開きます。インターフォンの応答が無いなら、ポストに表示した番号に電話して下さい。詐欺士や偽家族の妨害に騙されず駒沢に!
 広帯域受信機やアンテナやその他を持参し、情報省の宣伝、広報、指令を傍受しましょう!建物から箱を見つけましょう!箱を貸し出します。宿泊もできますが、寝袋と食糧は持参して下さい。駐車場は3台可能。田園都市線駒沢大学駅から徒歩7分。(情報省を脱出した元課長の最新の傍受の報告を要約して紹介)
1.次を参考にすれば、皆様の職場や自宅から回収できます。
 ビルや乗物や通信の支配システム ブログ集
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10440309906.html
 調査 回収 ブログ集:
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10316857728.html
2.まだ回収できないかたは、駒沢に習いに行くか、自社に応援技術者を呼びましょう。
 電波調査会
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10382768028.html
 コンピュータ 通信機 コピー機 ファクシミリ 監視
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10255813180.html
 ビル支配システム調査会 回収会 買取会
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10305844755.html
 テロ対策 悪化技術 兵器 ブログ集
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10212764523.html
 Komazawa Valley:
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10202246777.html
 サイトマップ:
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10202252682.html
 連絡(Contact Us):sinkasyakai@gmail.com

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

TAG : 政治 事件 news