FC2ブログ

スパイウェア 政府や軍や警察や企業のコンピュータをテロ Spyware RMA

悪化勢力は、「傘下の企業がSpywareを開発したと名前を公表。表は有名なハイテク企業、裏でSpyware専門開発企業。悪化勢力が世界中で経営するサイトの中の6000以上のサイトにアクセスすると感染する。社員がアクセスするとそのパソコンに感染し、次に社内LANを媒介に会社で使う全コンピュータに感染が広がる。電子メールを送ると感染する。サイバーテロリストが標的の使うパソコンに感染させることができる。既に多くのパソコンに感染している。最新型Spywareは既存のウィルス対策ソフトで感染を見つけることができないし駆除もできない。最新型のSpywareに感染させると、普段は画面や内部を監視し記録を取れる。暗号化技術は無力化されている。最新型のSpywareで、感染したコンピュータをいつでも使用不能にできる。軍のコンピュータを使用不能にすれば戦争に勝てる。ほとんどの原発事故はサイバーテロだった。今は世界支配システムにも連結可能」と宣伝。
 悪化勢力は、「情報RMA(Revolution in Military Affairs)は、情報通信技術や各種の新兵器を使うシステムを軍事組織に導入し戦力を強化しようとすることで、米軍が最も熱心で、まねて各国で情報RMAが進行しつつある。情報通信技術に依存する軍ほどVirusで無力化しやすい。情報RMAが進行している米軍やその他の軍をいつでも最新のSpywareで無力化できる」と宣伝。
 悪化勢力は、「諸国の政府機関と軍と警察と民間のITを最新のSpywareで、一瞬で無力化できるサイバーテロリストを世界中に展開させていて、どこの国でも対抗できない。Komazawa Valleyで実験や訓練をしている」と宣伝。(続く)

http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10202252682.html


TAG : 政治 事件 news 経済 ニュース